タロットについて

小アルカナ

 

タキくん
タキくん
大アルカナを使ってみて、小アルカナにも興味が湧いてきた

 

はじかの
はじかの
わぁ!それは嬉しいな

 

タキくん
タキくん
ただ、56枚って枚数に心が折れそうだけどね…

 

小アルカナは、トランプをイメージしてもらえたら分かりやすいかと思います。

トランプは4種類のスート(記号)、クローバー、ダイヤ、スペード、ハートに、
それぞれのスートのヌーメラルカード(数札)は、A~10
そしてコートカード(人物札)は、ジャック(召使い)、クイーン(女王)、キング(王)の合計13枚のカードの集合体ですよね。

4種類×13枚=52枚(ジョーカー1枚を入れていません)。

 

そのトランプの元になったと言われている小アルカナも4種類のスートは同じですが、種類が異なります。
ワンド(棍棒)、ペンタクル(金貨)、ソード(剣)、カップ(聖杯)。
ヌーメラルカードはA~10で同じ。
コートカードは、ペイジまたはネイヴ(召使い)、ナイト(騎士)、クイーン(女王)、キング(王)の合計14枚。

4種類×14枚=56枚

 

はじかの
はじかの
コートカードの「コート」は「宮廷」という意味です

 

タキくん
タキくん
あっ 、だから王様と女王様、騎士に召使いなのか

 

はじかの
はじかの
そしてトランプにないナイト(騎士)がタロットには登場するでしょ?
だからトランプよりも4枚多くなるのよね。

 

タキくん
タキくん
そっか、そう考えると56枚でも多く感じないかも!

↓↓いつもありがとうございます☆